Monthly Archives: 4月 2016

カーペットの職人

カシミールには、様々な職人がいます。この写真は、カーペットを編む職人さんの写真です。カーペットを作る技術のルーツはイランにあり、700年前にカシミールに伝承され、それが今でもカシミールの文化として息づいています。

パシュミナ(pashmina )

カシミールはカシミヤの語源になっている地域です。

カシミヤとは・・・・毛質は細く、柔軟で独特のぬめりがある。保温性と保湿性に優れ、生産量が少ないため、高級素材の代表とされる。

カシミールでは、たくさんのカシミヤ製品であふれています。その中でも、さらに、繊細で肌触りの良いもの、カシミヤの上級品を「パシュミナ」と呼びます。このinstagramの写真は「パシュミナ」の製品になります。
Read more

Wazwan カシミールの伝統料理

Wazwanと呼ばれるカシミールの伝統料理です。羊か鳥肉を用いて作られます。伝統的なWazwanの味を引き出す為には、薪の火で銅メッキ鍋を活用して作る必要があり、これを作るときには、夜通しの準備を必要とするくらい、入念な準備が必要なようです!

こちらから、調理の様子を見ることができます!
http://www.natgeotraveller.in/magazine/month/january-2014/the-kings-feast/
写真を見るだけでも様子が分かりますので、是非、ご覧頂いてはいかがでしょうか。

ゴールガッパー カシミールのおやつ

カシミールは、インドとパキスタンで分断されています。そして、今なお、国境線が確定しておらず、戦争状態にある地域です。このインスタグラムは、パキスタンの方に位置している、カシミールの情報になります。

このインスタグラムで表示されているのは、パーニープーリーと呼ばれる、インドの定番おやつとして有名な、小ぶりの揚げ菓子です。。インド北部では「ゴールガッパー」と呼ばれており、インスタグラムでも、#GolGappayとハッシュタグをつけられています。
Read more

「バンクシー」がパレスチナに来た!

知る人ぞ知る、ストリート・風刺アーティスト「バンクシー」。最近映画にもなった彼(?)の作品が、パレスチナ・ベツレヘムにもあります。こちらは防弾チョッキを着た、平和のハト……。ほかにも、パレスチナ問題を素材にした沢山の作品があるので、追ってご紹介したいと思います。バンクシーショップもあります♪

日本の古い機械で織る、パレスチナの布「クーフィーエ」

Made in Palestine #palestinepeace #visitpalestine #madeinpalestine

A photo posted by Gogor Lukman 🇵🇸 (@gogorlukman) on

白地に黒の縫い取りがしてあるスカーフ、「クーフィーエ」。
この模様はアラファト議長が頭に巻いていたことでも有名ですが、実は現地の工場ではもっとカラフルな布を沢山織っています。「Made in Palestine」のクーフィーエを作っている工場は現在「Hirbawi」社のみ、織り機は古いスズキ製。日本とパレスチナ文化のコラボの賜物です。

お母さんに作ってもらったのかもしれない子どもの服

#kris #kashmir #dress #pheran #traditional #travel #manali #random #nofilter #colorful #myoldclick #dslrphotography

Manu Levanさん(@manulevan)が投稿した写真 –

カシミールでは、刺繍は一つのアイデンティティです。多くの女性が刺繍を日常的に楽しみ、様々な布に刺繍を施しています。これは、カシミールの子どもの写真。厚手のキャンパス生地に対して、カラフルな刺繍を入れ込むのは、スタンダードな刺繍で、現地でたくさんの種類を見かけることができます。お母さんに作ってもらったのでしょうか?

Recent Entries »