Monthly Archives: 6月 2016

カシミヤ製品を作る際に使われる折り機

カシミールのパシュミナ製品を作る際に使われている折り機。

ブルキナファソのマンゴー

⻄アフリカの内陸国、ブルキナファソ。ブルキナファソは、マンゴーの生産地で、特に欧米にマンゴーは流通しています。マンゴーの生産地は、⾬季と乾季がはっきり分かれる南部のサバンナ地帯、疎林と畑が広がる農業地帯となっています。その中で、ひときわ⽬⽴つのがマンゴーの⽊。とりわけブルキナファソ⻄部の丘陵地帯はマンゴーの⽊々によって形成されています。

Just like old times 🌞 #mango #burkinafaso #brainfood

SilkeLéoさん(@silkeleo)が投稿した写真 –

カシミールからラダックに至る道

カシミールからラダックに至る道の写真です。世界で最も危険な道の一つだそうです。

ブルキナファソの豆腐作り

ブルキナファソの女性たちが「豆腐」を作る様子。ブルキナファソでは、近年、大豆の生産が盛んです。

日本では、味噌、醤油、豆腐、納豆など、多様な形に加工されて食されているダイズですが、アフリカ、そして当地ブルキナファソではまだ一般的な作物ではありません。

しかし、大豆は植物の中では唯一肉に匹敵するだけのタンパク質を含有することから、肉骨粉に替わるタンパク資源として飼料用ダイズの需要が拡大しています。ブルキナファソでも、過去10年で生産量が10倍に伸びています。それでも2012年の生産量は2万4千トン程度ですが、今後さらに増加することが見込まれます。

それに伴い、ダイズの消費も少しずつではありますが浸透しており、特に右写真のような揚げ豆腐の串焼きはダイズ生産地のローカルマーケットでも見かけられます。日本の豆腐より固いため、こうして揚げてトマトソースやマヨネーズソースで味付けると、ブルキナファソの人々とっても食べやすい形になるようです。

http://www.jica.go.jp/burkinafaso/office/others/agriculture.html

花売りのボート@スリナガル、カシミール

スリナガルのダル湖では、観光客に向けて、花売りのボートがやってきます。

ブルキナファソの工事現場

ブルキナファソの工事現場の様子。のんびりと仕事する現場では、工事は大胆に遅れていくケースがあるようです。彼らはいい仕事ができると、その場で踊りだして飲み会に突入することもあるくらい、日本と仕事観が違います。

こちらの動画でも、ブルキナファソの工事現場が映し出されています。

カシミールの伝統的な衣装

カシミールを訪れた方が、カシミールの伝統的な衣装に身を包んでいる様子です。コメントの通り、光り輝いています。

Recent Entries »