Archives

羊は財産

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-03-16-48-46

日本では全く見かけない羊ですが、パレスチナでは村に行くと、たまに羊が歩いています。
羊は彼らにとって財産でもある家畜で、今でも村のはずれに放牧に行く人々の姿を見かけます。
写真は、お家の裏で飼われていた羊たち。
カメラを向けた瞬間、警戒してこちらをずっと凝視していました…。

クリスマスといえばキリスト降誕

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-10-0-02-57

日本ではクリスマスといえばサンタ!ですが、キリストが生まれたベツレヘムでは、まさにキリストがこの世に降り立った瞬間の像がサンタよりも多くあちこちに飾られています。

これは、ベツレヘムで一番大きなクリスマスツリーの根元にある、キリスト降誕のシーン再現。
神聖なイベントであることが伝わってきますね。

中東の冬の飲みもの「サハラブ」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-03-17-21-38

「サハラブ」という甘い飲み物は、パレスチナをはじめとした中東の冬の定番です!
植物の根っこの粉と砂糖を牛乳に溶かしてじっくり温めた、とろりとした飲み物。
寒い日は子どもからおじさんまで、道端でこれをすすっています。
何故かこれを飲むと、身体の中からぽかぽかあったまってきます。

「サハラブの素」なんかも売っているくらいポピュラーで、お土産にもオススメです。
写真はシナモンやナッツをかけたもの。とてもよく合います。
中東に行ったら是非お試しください^^

世界で一番低い場所へ続く道

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-09-23-59-15

学校の資料集で、新聞を手に湖面に人が浮かぶ「死海」の写真を見たことはありますか?
世界で最も低い場所にある塩の湖で、その高さは海抜約-400m。
標高約800mのエルサレムから車で45分ほど下って行くと、耳がキーンと痛みます…。

死海へと下って行くドライブの道のりでは、こんな風景が広がっています。
乾いた黄色い岩漠の山々、壮大な景色です。
旅行の際は、カメラをお忘れなく!

ベツレヘムのクリスマスツリー

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-09-23-49-47

クリスマスの本場、といえばどこですか?
ドイツのマーケット、アメリカのツリーもキレイかもしれませんが、私のイチオシは、イエス・キリストが生まれたベツレヘム。

毎年、写真のような大きなツリーが飾られます。イスラームの寺院・モスクの隣にあるのが面白いですね。
イブの夜は広場に出店が並び、素朴で可愛いクリスマスを過ごすことができます。

キリストが生まれた場所に建つ聖誕教会のミサは、チケットを取るのが大変なくらい大人気。
機会があれば、是非クリスマスのパレスチナに来てみてくださいね!

キリストの墓所で祈る人々

Jerusalem, where you are touched by many faces of faith. #jerusalem #visitpalestine #faith #christianity #church

A photo posted by Mai Namiki (@janiksenpoika) on


エルサレムにある、キリストのお墓とされる場所には、教会が建っています。この聖墳墓教会には毎日沢山の人々がお祈りにきており、毎日多くのミサが行われています。祈る人々の姿を見ると、信仰を持たない私も心を動かされるような気がします。

「ひっくり返す」アラブの炊き込みごはん

Maqroobeh! I love this. #palestine

A photo posted by Mai Namiki (@janiksenpoika) on


Upside-down(ひっくり返された)という意味のアラブの料理。パレスチナでは「マクルーベ」と呼ばれ、鳥や羊、揚げたカリフラワー、ナス、ポテト、トマトなどが入っています。さっぱりしたヨーグルトやアラブサラダを添えて食べると絶品です! 鍋の底に火を通した具を並べ、その上にお米を乗せて炊き上げて、鍋ごとひっくり返して盛るためにこの名前がついたそう。ひっくり返したばかりの形はケーキのようです。中東へ来たら、是非試してみてくださいね。

陶器工場のひとコマ

おじさんが電動ろくろを回して作っているのは、パレスチナのお土産にも人気の「ヘブロン陶器」。ヘブロンの旧市街付近、イブラヒム・モスクからシナゴーグへと歩いていく道の右側にあるお店の一つです。お店のおじさんたちはとっても気さく。通りかかったら、ぜひ話しかけてみてくださいね。

パレスチナ自治区の織物工場

パレスチナの象徴でもある「クーフィーエ」という布。
現代は中国産のクーフィーエが多く出回る中、最後まで頑張っている「メイド・イン・パレスチナ」のクーフィーエ・織物工場があります。このヘルバーウィー社の工場で動いているのは、沢山の日本製・スズキの織機。100年近く使っているそうですが、まだまだ現役。元気いっぱいに毎日動いています。
ヘルバーウィー社のホームページはこちらからどうぞ! 工場やヘブロンの街では、クーフィーエが15シェケルくらいから購入できます。お気に入りを見つけてくださいね。
http://www.kufiya.org/

« Older Entries